FANDOM


テンプレート:漫画 三宅 しのぶ(みやけ しのぶ)は高橋留美子による漫画及びそれを原作としたアニメうる星やつら』の登場人物の一人で初期のヒロイン。アニメでの声優は島津冴子。CRうる星やつら3では西村ちなみパチスロうる星やつら2では植田佳奈

設定・特徴 編集

友引高校在籍。初め1年4組[1]、後に進級して2年4組で2年の時はクラスの書記。星座はてんびん座で作者の高橋と同じである。1、2年ともに諸星あたるの同級生で、幼馴染。

メインキャラの一人。アニメでは「男なんてー!」が口癖のイメージが強いが、原作では「ツノる思いが地獄を招く」においてラムが変装した女子に言い寄るあたる・面堂に対して「男なんて男なんて、みんな同じだわ。」といって机を投げたシーンで1度発しただけである[2]。面堂登場以降は、ラム・あたる・面堂と4人で行動している姿がしばしば見られる。

おかっぱ[3]で、クラマと初対面の際に『座敷童子』と間違われている。

身長は小柄で、男の中では中肉中背の部類のあたるより頭半分ほど低く、ラムより少し低い[4]

セーラー服の似合う清楚な美少女であり、2年4組の男子による美女投票でも第3位でミス4組とされている。

なお、原作第18話「さよならをいう気もない」において、あたるがアホな方と真面目な方に分離した際に、アホな方から「色気がねぇ女」と言われて引掻いている。また、ラムからも色気がないと思われており、原作の「妄想フーセンガム」においてあたるに対する罠を仕掛ける際に色気がないことを考慮して偽者のしのぶを作っている[5]

なお、 初期の短期連載期の話(第話「系図」)に、10年後にしのぶとあたるが結婚して子供(諸星こける)が存在している“未来”が描かれたが、後に、「運命製造管理局員・因幡」の登場の連作エピソードにより、この未来も「複数ある未来のうちのひとつだった」(「少年サンデーグラフィック・うる星やつら完結編」における高橋留美子本人の談)と定義づけられ、結果、因幡登場連作の最終話「明日をもういっちょ!」において、因幡の上司にあたる管理局員たちの手により、ドアの向こうに展開される“運命”は全て一度破壊(リセット)されてしまった。

特技 編集

原作においては第2話で言い寄る悪魔に押し倒されていたが、第4話『あなたにあげる』において、自分の目の前でラムがあたるに接吻したのに激怒してあたるに机を大量に投げつけて以降、次第に投げるものが教卓やテーブル、ボートなどとエスカレートした結果、重いものを平気で投げたり持ち上げたりする怪力の持ち主になった。クラスの男子からも重いものを持ち上げる際に頼りにされている。劇場版の『うる星やつら オンリー・ユー』では機械、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』では巨大魚を持ち上げ、「ミス友引コンテスト」では予選であっさり握力計を破壊した。特技は「お手机(お手玉の机版)」、枕投げ。しのぶのお手机に関しては、柳田理科雄著・空想科学漫画読本第2巻において科学的に検証されている。当初は嫉妬で多用していた机投げは連載後半からは度々授業中に泥沼化する2年4組の乱闘を鎮圧するのに使うようになるが、かえって教室がめちゃくちゃになることがお決まりである[6]

恋愛関係 編集

当初はあたるの恋人であり、あたるが地球の命運を賭けた鬼ごっこの鬼に選ばれたとき、あたるを奮起させるため「勝ったら結婚する」と言った。これを受けて、あたるが「結婚じゃー! 」と叫びつつラムを追いかけ、ラムはあたるに求婚されたと勘違いすることになる。こうした経緯から、作品初期はあたるを巡ってラムと三角関係にあり、これがトラブルを引き起こす主な要因となった。わざわざ教室まで来てクラスメイトの前で公然といちゃつくラムの行動をあてつけと解釈している。

ラムがタイムスリップし小学1年生のあたるに会いに行った際には、ままごとを持ちかけるなどあたると親しくし、またあたるに微笑みかける「虎縞ビキニの美人なお姉さん」に嫉妬し、あたるをお菓子で釣ろうとするなど、すでに小学1年生にしてあたるの扱いに慣れている描写が見られる。

おユキに「あたるの2号さん」と云われて怒ったり、あたるが病床にあると自宅や病院に見舞いに来たり、あたるの家に西瓜やお菓子を持って行ったりしていたなど最初は恋人そのものとして行動しており、クラスでも公認されていた。第4話「あなたにあげる」においては家出したあたるに対し、テレビで自分と駆け落ちするように呼びかけてすらいる。ラムとあたるがいちゃつくと怒り出す一方で、しのぶ本人は奥手なためか邪魔者であるラムが一切登場しない原作第15話「いまだ浮上せず」においてはあたるに誘われて2人きりになり、抱きつかれると動揺して「早すぎるわ」といって静止したり、「キスだけでも」と言われてもなかなか了承せずにグズグズしており、その間にあたるが河童に攫われる始末であった。

しかしあたるはどれだけ尽くしても、虫ピン一本しのぶにくれたことがない状況であり[7]、おまけにラムはあたるを拒絶しないと一方的に思い込んでいたため[8]に、次第に「愛想がつきた」と発言したり、原作第9話『憎みきれないろくでなし』においてラムを拒絶しない心が分からないと言ったりと、段々恋心は薄れてゆく。ついには面堂終太郎登場時に彼に一目惚れし、あたるに愛想を尽かした為この関係は解消した。ただし面堂はラムに惚れているため進展がなく、まだ未練があるのか、言い寄るあたるのことも完全に拒絶することはなかった。

あたるがラムに好意を持つようになって以降(週連載開始後)は、ヒロインとしてではなくメインキャラの一人としてその存在を確立する。面堂、あたる、ラムとハイキングや海水浴に行くことが多く、これにサクラが加わることも度々である。仲の悪いとあたると面堂ではあるが、ラムとしのぶが緩衝材になっているのでつるめるという側面もある。

なお、あたるはしのぶをハーレム構想の要員の一人と認識し毎回セクハラを仕掛けるが、しのぶにその気がないために撃退されるのがお決まりとなる。また、あたるはバレンタインデーからチョコをもらえる相手として勘定に入っているが、しのぶの方はわざわざ用意しようとはしていない。

あたる以外の男運は悪く、彼氏であったあたる以外には原作第2話で鏡から出てきた悪魔に言い寄られたのを初め、仏滅高校の総番などの変態や男女である藤波竜之介、動物(純情キツネ等)といった「普通の人間の男性以外」の存在から好意を持たれるケースが多い[9]

また、『テンからの贈り物』ではサクラの婚約者の尾津乃つばめと結婚すると不幸になる(最悪の相性)とされている。

最終的には物語終盤で登場した運命製造管理局員の因幡と互いに好意を寄せ合い、彼と共に“幸せな恋”を肥料とする時空の花を満開に咲かせた。その後は因幡とコーヒー店で一緒にお茶を飲む姿が見られる。

「明日をもういっちょ!」において、因幡の上司にあたる管理局員たちの手により破壊された運命の中では、面堂がラムと結婚している未来があっても、しのぶが面堂と結婚している未来はなかった。なお、サクラの婚約者である尾津乃つばめと結婚すると不幸になる(「テンからの贈り物」より)らしいが、どう不幸になるかは劇中では語られていない。

名前の由来 編集

名前は初代の担当編集者で、現・小学館取締役の三宅克(しのぶ。男性)に由来するといわれているが、三宅本人は「偶然の一致かも(笑)」と話している。(出典:『クイック・ジャパン』2007年第71号)

また女好きで有名なあたるは、当初は「不吉な人相を持ち、受難の星を背負う人物」というスタンス故に、不吉な数字である「4」[10]と縁があり、先述の所属クラスが1、2年ともに4組で、しのぶに振られた舞台が「四ツ橋」、ラムと鬼ごっこをする時に着けていたゼッケンが「4番」、あたるの誕生日は牡羊座(つまり4月)と大変くどいレベルで「4」に縁があるので、しのぶの名も「し(4)のぶ」というゴロから来ている側面もある[11]

家族 編集

母親は若干太っており、しのぶ曰くしのぶ本人も太りやすい体質とのこと[12]

なお、父親はやせた温泉マーク先生タイプのキャラクターで短期連載時の原作第14話「あやつり人形」のラストで、あたるに風呂を覗かれた(不可抗力であったが)しのぶの悲鳴を聞きつけ、ゴルフクラブを持って駆けつけている。

しのぶの呼称一覧 編集

名前しのぶを呼ぶ際の呼称しのぶに呼ばれる際の呼称
あたるしのぶあたるくん
ラムしのぶラム
面堂しのぶさん面堂さん、面堂くん
竜之介しのぶ竜之介くん
コースケしのぶコースケくん
テン(しのぶ)ねえちゃんテンちゃん
錯乱坊しのぶチェリー
サクラしのぶサクラ先生
あたるの母しのぶちゃんおばさん
温泉マーク三宅先生
花和不明先生
校長しのぶくん校長
竜之介の父不明おじさん
クラマ座敷童子クラマ
因幡しのぶさん因幡さん
総番しのぶさんばけもん
つばめ不明つばめさん

注記 編集

  1. 原作第12話『性』において判明
  2. なお、原作ではこれが嫉妬を原因とした机投げの最後となる。
  3. 連載が進むにつれ、徐々に髪は伸びている。原作では耳出ししていることが多いがアニメではあまり出ていない
  4. 原作では「お雪」の回などで確認出来る。ちなみにおユキはあたるより長身である。
  5. ちなみに「少し色っぽくする」と言って作ったしのぶの偽者はバニーガール姿である。
  6. 「反省座禅会」他
  7. 『幸せの黄色いリボン』でのしのぶ本人曰く
  8. あたるはしのぶと付き合いたいために原作5話「絶対絶命」の回ではラムを家から追い出しているが、この努力は報われなかった。原作12話「性」の回ではラムが電撃制裁を多用するようになるのでそれが怖くて強く出られない描写も見られるがしのぶはこの点を無視している。
  9. 但し元彼であるあたる自体がゴキブリ並の生命力とトカゲのしっぽの如き再生力を有し、身体能力は人間離れしている上に、精神が女性化しても女性への関心がなくならない人間である点に注意したい
  10. 日本人には説明するまでもないが、日本では死(し)と4(し)の音が同じの為に不吉とする風習がある
  11. 実際に原作第19話「女になって出直せよ」でのあたるの脳内の女性すごろくではしのぶは4の升目で「4(し)のぶ」となっている。
  12. ちなみに、クラス内でラムの接吻を容認する(実際は電撃が怖くて振り切れない)あたるに激怒したしのぶがあたるを追いかけ廻す際に、あたるからラムの方がグラマーだと認める発言を聞いて、怒りが頂点に達したしのぶが机を飛び交わせる(原作では飛びかかる)描写がある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。